2007年7月 2日 (月)

月曜日のコーヒーブレイク

大阪為替倶楽部のサイト上に、『月曜日のコーヒーブレイク』というタイトルで
テクニカルの話をはじめ、もろもろの話題を書いています。

http://www.osaka-kawase.jp/I_mainTable/F_yamanakaREPORT.html

「チャートの話」は更新休止状態が続いていますが、上記サイトも一部は続編
としてテクニカルな話を扱っています。よろしかったらご参照ください。

これまでに書いた内容は以下の通りですが、最近はテクニカル寄りの話題が
中心です。

2007/07/02 第22回 ●●移動平均線(●MA)
             → HMA(Hull Moving Average / ハル移動平均)の説明
2007/06/25 第21回 ファンダメンタルをテクニカル分析
2007/06/18 第20回 ユーロ円とマルク円
2007/06/11 第19回 今週末から水星が逆行
2007/06/04 第18回 ゆーろ祭りでスイスキャリー
2007/05/28 第17回 ユーロドル相場と金利差
2007/05/21 第16回 ドル円相場と金利差
2007/05/14 第15回 『かんたんFX投資実戦マニュアル』
2007/05/07 第14回 システム売買
2007/05/01 第13回 GWですね
2007/04/23 第12回 マンガ「本間宗久翁秘録」
2007/04/16 第11回 証拠金取引の最重要事項(2)
2007/04/09 第10回 証拠金取引の最重要事項(1)
2007/04/02 第09回 新年度にあたって雑感
2007/03/26 第08回 為替相場と占星術(アストロ)
2007/03/19 第07回 Windows Vista とモバイル
2007/03/12 第06回 ドル円のレンジ
2007/03/05 第05回 為替レートとドルインデックス
2007/02/26 第04回 チャート作成ソフト
2007/02/19 第03回 為替チャートで使う時間とレート
2007/02/12 第02回 2007年G7、1985年G5
2007/02/05 第01回 為替の世界に入ったきっかけ

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

2006年に扱った主なテクニカル手法

2006/01  ○移動平均線のクロス、上抜け下抜け、傾きの変化
2006/02  ○中値移動平均線(ピボット移動平均の原型)
         ○ストップロス、プロフィットプロテクションについて
2006/03  ○MACD
         ○MAE(最大逆行幅)とMFE(最大順行幅)
         ○ラーゲル移動平均線
2006/04  ○先行移動平均線(DMA)
         ○高値移動平均線と安値移動平均線
2006/05  ○3本の移動平均線
         ○RSI
2006/06  ○リバースエンジニアRSI
         ○ADX
         ○ストキャスティックRSI
2006/07  ○CCI
2006/08  ○アルーン
         ○TRIX
2006/09  ○ボリンジャーバンド・ディファレンシャル
         ○自動トレンドライン
         ○トレンドファインダー
2006/10  ○フィボナッチゾーン
2006/11  ○ポイント&フィギュア
         ○GMMA
2006/12  ○各種ストップ(バランスステップ、フリップイット、トリプルスイッチ)
         ○各種ストップ(シャンデリア、パラボリック)
         ○描画ツール(フィボナッチ関連)

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

描画ツール・番外編

今回は番外編として面白ツールを紹介しましょう。実際の道具なので、まずは写真をご覧下さい。

104

これは「エルリッチ・サイクル・ファインダー」という道具で、実際に描画ツールとして過去に使っていたものです。片側に5本の山、もう片方に9本の山があり多数の蝶番で伸縮自在の構造をしています。

主に9本の山がある方を手書き(あるいは印刷した)チャート上で伸縮し、時間観測として谷や山のサイクルを見つけることが出来ますし、9本の山を伸縮し値幅観測としてギャンの8分割や、両端と4本目、6本目の山を使いフィボナッチ戻しの見当を付けることも可能です。つまり、4本目=37.5%≒38.2%、6本目=62.5%≒61.8%(小さな赤い丸をつけた山、実際マジックで色を塗ってました)という使い方ですね。

PC上のチャートでもトレンドラインを引くのが精一杯という頃の話ですから、優れ物ツールでした。サイクル・ファインダー自体は1978年にスタン・エルリッチ氏により発明され、それ以降多くの先物トレーダーに愛用されてきたましたが、結構いい値段で買った記憶があります。マックシェイクみたいに(?)、1つの値段で2つ買えるという時に同僚と買った懐かしい道具です。

さすがに今では買う人はあまりいないと思いますが、相変わらずネット上で売っていたので価格を見たら75ドルでした。おそらく昔から同じ値段ではないかという気がします。興味のある人は以下のサイトをご覧下さい。

http://www.stanehrlich.com/finder.html

| | コメント (0)

2007年1月15日 (月)

描画ツール(6)

今回は「ピッチフォーク」(正式にはアンドリューのピッチフォーク)です。ピッチフォーク(pitchfork)、直訳すれば熊手です。最近はあまり見ませんが、落ち葉をかき集めるのに使う道具ですね。

このピッチフォークは上げ相場を例にすると、安値(A)から最初の高値(B)、そして押し(C)という波動が見られた場合に、(B)と(C)を結んだ線の中間点に向かって(A)から線を引き、この線に平行に(B)と(C)からも平行線を引きます。

103

いつものドルインデックス・チャート中の赤い線がピッチフォークです。このピッチフォークの(B)から伸びる上側の線がレジスタンスに、(C)から伸びると下側の線がサポートになるという考え方です。

ピッチフォークにはいくつかのバリエーションがあり、更に上下に等間隔の線を引いて5本の熊手にしたものや、今回示した例のようにフィボナッチ比率の補助線(38.2%、50%、61.8%の位置に引いてある点線)を引いたものがあります。

今回のドルインデックス・チャートでは内側の補助線が効いている印象でしょうか。

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

描画ツール(5)

引き続きフィボナッチ比率を用いた描画ツールを続けます。今回は「ダニエル・ライン」と呼ばれるもので、2本の平行チャネルの中に38.2%と61.8%の比率の補助線を引き、平行チャネルの中での小さなサポート、レジスタンスを知ろうという手法です。

まずは、最近おなじみのドルインデックスチャートをご覧下さい。

102

この図は12月5日安値82.24と1月2日安値83.15を結んだサポートラインに、1月10高値85.14を通る平行線を引いたものです(赤い実線の平行線)。そして、この平行チャネルの中に赤の点線で38.2%と61.8%の比率の補助線を引いてあるのがダニエル・ラインです。

ドルインデックスが上昇トレンドを続けた場合の押しの目安として、2つのライン(38.2%、61.8%)がサポートとして効いてくるのではないかという考え方です。

私自身はダニエルラインを使っていませんが、こうした類の描画ツールは単独で効いていることは少ないようです。しかし、他の分析手法によって得られた位置と重なるような場合(例:移動平均線、均衡表各線。等)には注意したほうがよいでしょう。

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

描画ツール(4)

年明けもフィボナッチ比率を用いた描画ツールを続けます。「フィボナッチ・アーク」と似たコンセプトを持つツールに「フィボナッチ・ファン」があります。アークがフィボナッチ比率の同心円を描くのに対して、ファンはフィボナッチ比率の複数ライン(サポート・レジスタンス)を描きます。

高値と安値の値幅を「1」として、通常その間の「38.2%、50%、61.8%」の比率を通るラインをを引いたラインがフィボナッチ・ファンです。以下の図をご覧下さい。今回もドル・インデックスのチャートを使います。

1011

この図では高値から安値までの値幅を「1」として、より現在に近い日である安値から垂直に上げた値幅(1)の38.2%、50%、61.8%の比率(丸で囲んだ位置)の点を通るラインを高値から引いています。青いラインが38.2%と61.8%、赤いラインが50%です。補助的に21.4%と78.6%にも水色のラインが引いてあります。

この例では、フィボナッチ・ファンが戻しのレジスタンスとしてワークするであろうという値幅観測ですが、効果のほどは正直「?」でしょうか・・いわゆるフィボナッチ戻しも併せて描いたものが下図となりますが、今回のケースではこちらのほうが効いているようです。

1012

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

描画ツール(3)

年内最後の更新となります。

フィボナッチ比率を用いた描画ツールを続けます。今回も比較的見かけるツール「フィボナッチ・アーク」です。

フィボナッチ・アークは高値と安値を結んだ距離を「1」として、通常その間の「38.2%、50%、61.8%」の比率を同心円状に結んだものです。言葉で説明するよりも図で見た方が理解しやすいと思いますので、まずは以下の図をご覧下さい。

Blog_991

この図は高値から安値まで斜めに結んだ線の距離を「1」とする「価格と時間」をベースにしたフィボナッチ・アークです。赤い線が「1」にあたる距離。水色の各線はその距離の38.2%、50%、61.8%の比率となっています。

つまり、これら同心円状の価格と時間の位置を、高値から安値への動きに対する戻しの有力なターゲットと考える値幅と時間の観測手法ということができます。

なお、フィボナッチ・アークには距離の要素として価格のみを使う方法、時間のみを使う方法もありますので、以下にそれぞれの例もあげておきます。

Blog_992 Blog_993

さて、今年はどんな一年だったでしょうか?来年がよりよい一年となることをお祈りしております。

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

描画ツール(2)

描画ツールで「フィボナッチ・リトレースメント」と来たら、次は「フィボナッチ・エクスバンション」(フィボナッチ・プロジェクション)でしょうか。

こちらは、前回のような戻しが入って次にコンティニュエイションの動き(再び元の方向に動き始める)が出て来た場合、どこまで行くのかターゲットを求める手法です。均衡表の値幅観測でいうN計算値と考え方としては同じもので、その値幅が1(100%)に固定されず、フィボナッチの比率(通常、1以上)となっています。

図を見てください。これも前回と同じドルインデックス(日足)のチャートです。

Blog_98

今回は、10月13日高値(87.30)から11月10日安値(84.70)まで下げ、その後この間の値幅のほぼ38.2%戻しとなる11月17日高値(85.70)まで上げた以降の「フィボナッチ・エクスバンション」を見てみることとします。

さらに下げる動きを考えるのは、11月10日安値(84.70)を下抜けした時点からになると思いますが、上記の値幅(2.60 = 87.30 - 84.70)にフィボナッチ比率を当てはめ、その計算した値幅を11月17日高値(85.70)から下に下げたものです。

比率としては1以下も示してありますが、ここでは1.272、1.382、1.618倍の位置に緑色の線が引いてあります。安値(12月5日、82.24)は、おおよそ1.382倍の位置になっていることがわかります。

フィボナッチ比率は一般的にリトレースメント(戻し)では38.2%、61.8%等を、エクスパンション(ターゲット)では、161.8%、261.8%等を使うことが多いのですが、他にもいくつかのマイナーな比率がしばしば使われます。よく使われるもの、あまり使われないものも含め、以下に列挙しておきます。

0.236、0.382、0.5、0.618、0.786、1.0、
1.272、1.382、1.5、1.618、1.764、1.854、2.618

| | コメント (3)

描画ツール(1)

しばらく趣向を変えて、値幅観測や日柄観測を行う際に使われるさまざまな描画ツール(Drawing Tools)を紹介していきましょう。

まずは、もっとも有名ではないかと思われる「フィボナッチ・リトレースメント」(フィボナッチ戻し)です。フィボナッチ・リトレースメントとは、下げ相場を例にすると高値と安値の値幅からフィボナッチ比率に相当する値幅分の戻し(上げ)が入るとする考え方です。

図を見てください。

Blog_97

これはドルインデックス(日足)の直近の高値(10月13日、87.30)と安値(12月5日、82.24)の値幅(5.06)に対して、主要なフィボナッチ比率(38.2%、61.8%)の戻しを赤い線で、補助的なフィボナッチ比率(23.6%、78.6%)を青い線で表示したものです。わかりやすいように、高値、安値、半値も線で表示してあります。

こうして見てみると、最近の戻しは84.14(12月15日)といったん38.2%(84.18)に近いところで止まっていることがわかります。ここで抑えられない場合、さらに上にあるターゲットを考えることになりますが、意外と多くの人が参考にするため、値幅観測のひとつとして気にしておくとよい手法です。

なお、このドルインデックスはNYBOT方式をスポットレートのリアルタイム換算で求めたインデックスです。ドルインデックスにはNYBOT方式とFRB方式がありますが、NYBOT方式はロイター端末等でリアルタイムで見ている人が多いこと、またNYBOTに先物で上場されていること(USD Index)から、一般にFRB方式に比べて使い勝手がいいと考えられています。NYBOT方式とFRB方式の違いは採用通貨と採用比率の違いで以下のようなものです。

  NYBOT FRB
EUR 58% 32%
JPY 14% 22%
GBP 12%  8%
CAD  9% 31%
SEK  4%  2%
CHF  3%  3%
AUD  0%  2%

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

続・ストップロスについて(4)

ストップ手法で最も有名なのはワイルダー氏が考案したパラボリックかもしれません。パラボリックのSAR(Stop And Reverse =ドテン)は普通は点で表わされますが、これもステップ表示すれば、これまで紹介してきた手法と同様の表示となりますね。

Blog_95

パラボリックではAcceleration Factor(AF)とよばれる数値により、SARがトレーリングされていきますが、このAFは通常0.02~0.2の間を0.02ずつ増やしていきます。

この数値(0.02~0.2, ++0.02)はワイルダー氏の推奨値となっていますが、仮に増分を0.01とするとSARのトレーリングが緩やかになります。

パラボリックも含めて今まで紹介してきたストップの手法は単独で使うことも考えられますが、他のテクニカルでエントリーした際のエグジット(ストップ)として使うことも考えられますので、色々と工夫してみるとよいのではないでしょうか。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧