« 2007/01/25 | トップページ | 2007/02/05 »

2007年1月29日 (月)

ブラッドレー(1)

金融占星術、特に米株の分野で古くから知られているものに「ブラッドレーのサイドログラフ」(単に「ブラッドレー」と呼ばれることが多い)があります。

「ブラッドレー」とは、ドナルド・ブラッドレーが "Stock Market Prediction" (1949年)において紹介した天体間のアスペクトを数値化したもので、以下のような複雑な計算を経て求められます。

(1) 9主要天体(太陽、水星、金星、火星、木星~冥王星)のその日のメジャーアスペクト(コンジャンクション、セクスタイル、スクエア、トライン、オポジション)を調べる。オーブ(許容度)は15度とし、オーブ0度(イグザクト)を10点、オーブ15度を0点とし、0度~15度の間は10点~0点でならす。

(2) セクスタイルとトラインは+点、スクエアとオポジションは-点とし、コンジャンクションについては、以下の表の通りに+点と-点を区別する。

  太 水 金 火 木 土 天 海
水 +
金 + +
火 - - -
木 + + + -
土 - - - - -*
天 + + + - -*-*
海 - + + - +*-*-*
冥 - - + - -*-*-*-*

 * の付いている組み合わせは長期アスペクト点数として別扱いにする。
(注:コンジャンクション以外のアスペクトも同様に別扱い)

(3) 金星と火星のデクリネーション(赤緯)を調べ、北緯は+点、南緯は-点として合計する。

ようやく各点数が出揃いましたので、これらを以下の式にあてはめ最終的な数値「ブラッドレー」を計算します。(四則演算の順序にご注意!)

(長期アスペクト合計点+デクリネーション合計点÷2)×4+通常アスペクト合計点

次回は、実際に「ブラッドレー」と株価の関係を見てみましょう。

|

« 2007/01/25 | トップページ | 2007/02/05 »

コメント

ご回答ありがとうございました。
金融占星術を利用する上で、ソロモン王の鍵もしくは、王様の身代金に匹敵する程の素晴らしい内容に感激致しました。
ブラッドレーは今の時代のLoutusやExcelどころか計算機すらも無い時代に毎日計算をしていたとは、とてもすごい努力家です。
少しでも見習いたいです。

投稿: アクエリアス | 2007年1月31日 (水) 20時08分

そうです。金星と火星の赤緯の数値そのものを点数として計算します。
毎日これらを計算するのは、現在でも面倒だと思いますが、60年も前にそれを行っていたというブラッドレーはすごいですね。

投稿: 山中 | 2007年1月31日 (水) 07時11分

この度はアストロロジーを活用する上での大変貴重なブラッドレー・オシュレーターの計算式を公開して戴きました事、アストロロジーで相場を張る人間全員を代表し厚くお礼申し上げます。
お金では買えない大事なものを教えて戴きました。
ありがとうございました。
この度も質問をご容赦下さい。
(3)にあります、金星と火星のデクリネーションの点数は緯度の度数そのものを点数にされるのでしょうか。
お手透きな時が御座いましたら、お教え下さい。


投稿: アクエリアス | 2007年1月31日 (水) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2007/01/25 | トップページ | 2007/02/05 »