« 描画ツール・番外編 | トップページ | 2007/01/25 »

2007年1月23日 (火)

2006年に扱った主なテクニカル手法

2006/01  ○移動平均線のクロス、上抜け下抜け、傾きの変化
2006/02  ○中値移動平均線(ピボット移動平均の原型)
         ○ストップロス、プロフィットプロテクションについて
2006/03  ○MACD
         ○MAE(最大逆行幅)とMFE(最大順行幅)
         ○ラーゲル移動平均線
2006/04  ○先行移動平均線(DMA)
         ○高値移動平均線と安値移動平均線
2006/05  ○3本の移動平均線
         ○RSI
2006/06  ○リバースエンジニアRSI
         ○ADX
         ○ストキャスティックRSI
2006/07  ○CCI
2006/08  ○アルーン
         ○TRIX
2006/09  ○ボリンジャーバンド・ディファレンシャル
         ○自動トレンドライン
         ○トレンドファインダー
2006/10  ○フィボナッチゾーン
2006/11  ○ポイント&フィギュア
         ○GMMA
2006/12  ○各種ストップ(バランスステップ、フリップイット、トリプルスイッチ)
         ○各種ストップ(シャンデリア、パラボリック)
         ○描画ツール(フィボナッチ関連)

|

« 描画ツール・番外編 | トップページ | 2007/01/25 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。